2007年06月01日

熱戦!!巨人vsソフトバンク

どうもバードです。

昨日は、劇的に熱い試合となった巨人-ソフトバンク戦を東京ドームに見に行ってきました。取引先の人から、招待券(内野D席:引換券)をもらい、昼間東京ドームに引き換えに行って、仕事が終わってから夜見に行きました。

内野D席のチケット引き換えは一塁側か三塁側かを選べるんですが、自分の引き換えの順番の頃には一塁側はなくってしまって三塁側しか残っておらず、しかたなしにソフトバンク側の内野指定席D(2階席)に座りました。ソフトバンクファンが多かったですが、自分はおかまいなしに巨人の応援をしました。周囲には、自分同様にソフトバンク側に座っている巨人ファンも多くて、そんなに肩身の狭い思いはしませんでした。


ゲームは、多村の2ラン(特大145メートル弾)で先制され、田上のソロホームランで追加点を奪われるという嫌な展開。

しかしリリーフした西村-野口-福田がなんとかゼロで押えてゲームの流れを完全にソフトバンクに渡さずに粘り、その結果矢野の逆転満塁弾、阿部の3ランが生まれ、最後は上原が貫禄の3人締めで巨人が7対3で見事に勝利しました。


昨日は、「ゲームの流れ」という観点から考えると、巨人のリリーフ陣が4点目をソフトバンクに与えなかったことが大きかったのではないかと思います。矢野の逆転ホームランばかりがクローズアップされていますが、2アウト2・3塁というピンチで小久保の三遊間を抜けるかという打球をショート二岡がしっかりとアウトにしたり、小笠原のダイブや高橋由の好守など守備でも光るプレーが多く、ゲームの流れを相手に渡さずにチャンスを待ったという粘りが最大の勝因だと思います。

そのほかにも、阿部のホームランを呼び込んだ小笠原の盗塁。小笠原が盗塁をしたことによって一塁が空き、ソフトバンク投手・篠原が左腕だったことから二岡を敬遠して阿部との勝負を選択。「左対左」ということで勝負をしたけど、3ランホームランという結果になりました。

結果的にはソフトバンク・篠原が打たれてゲームを壊す形となりましたが、篠原は厳しい場面での登場に、精神的な準備がしっかりとできていなかったのではないかと思います。


巨人が勝ち、巨人ファンにとっては嬉しい結果となりましたが、それを度外視しても、ソフトバンク・多村の145メートル弾、ファインプレーなど、見所の多い「見に来てよかった」と思う好ゲームでした。
posted by バード at 10:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5396501

この記事へのトラックバック

ソフトバンク緊急情報!
Excerpt: とんでもない商材が出ました!!わずか3日目で3ドル獲得し、3ヵ月後には毎月30万円以上稼ぎ出す“500名限定”のアドセンス・セミプロ増産プロジェクトが遂にスタートしたのです!【6月3日22時値上げ】発..
Weblog: ソフトバンクの謎に迫る!
Tracked: 2007-06-03 19:26