2007年04月10日

巨人の優勝への壁はやはり中日か。

どうもバードです。

セリーグは開幕して3カードが終了しました。

巨人は5勝4敗の2位。

上原、パウエルとい投手陣の柱がいない中ではよくやっていると思います。投手陣では内海、高橋尚、打撃陣では谷、小笠原、二岡、イ・スンヨプが元気ですね。


中日、阪神との6連戦は3勝3敗の五分という結果でしたが、負けた3敗がどれも悔しい負け方だっただけに、とても残念でした。よくやったといえばそれまでなんですけど、特に中日に負けた試合は投手力の差を見せつけられてしまったので、ガックリとしてしまいました。

一番印象に残った負け方はウッズに3本ホームランを打たれた試合。
あの時は誰がどう見ても勝負ではなかった。
なのに・・・なんで前田はあんな中途半端なスピードの変化球を投げたのか?
阿部のリード?ベンチの指示ミス?確認が大事ですよね。
中日はちゃんと敬遠やら勝負の方法などマウンドに集まって確認してましたもんね。



今日からは広島戦。
巨人は、ジャン、木佐貫、金刃が先発ですね。
2勝1敗、あわよくば3連勝。期待したいです。

でも、代打が矢野・鈴木尚では物足りないなあ。
大道、早く上がってきてくれ〜。
posted by バード at 14:44| Comment(1) | TrackBack(1) | 独り言

2007年03月26日

一年ぶりの札幌。

画像どうもバードです。
今週は、およそ一年ぶりの出張で札幌にやってきました。
羽田空港を朝6時45分に出発するとんでもなく早い飛行機でやってきました。

しかし朝早い空港は面白かった。
初めて見ましたよ。開店前の空港の売店。
朝早いから空港でご飯食べようとしている人ばかりなのに、お店が開いていないなんて・・・。と思ったら6時にちゃんと開店しましたが、子供連れの家族などは慌しそうにご飯食べてました。写真は自分が乗った飛行機とは違いますけど、「北の翼」ことエア・ドゥです。

画像

2枚目の写真は、新千歳空港の到着口を出てすぐのところにある水槽にいた魚です。名前は忘れてしまいましたが、かなりインパクトがあったので思わず写真を撮ってしまいました。なんて名前だったかなあ。「なんとかハタ」だったかなあ。









画像新千歳空港から快速エアポートで札幌駅に着いて、「札幌は意外に暖かいなあ」なんて思って営業を開始したんですけど、夕方になって風が強くなって一時的に写真のように雪が降り出したんですね。

寒かった〜。

本当に寒かった。


札幌の書店の人たちは「暖かいよねえ。気温ゼロ超えてるでしょ」なんて笑顔で言いますけど、自分にとって見れば十分寒いです。


寒いのが大の苦手の自分ですが、今日から3日間札幌を営業します。
風邪引かないようにしないとなあ。
posted by バード at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言

2007年03月05日

痛快!!桑田のピッチング

どうもバードです。

パイレーツに移籍した桑田のオープン戦初登板がありましたが、
見事なピッチングでしたね。

圧巻は、3人目の打者の見逃し三振。
あれは完全にバッターが「手が出ない」という感じの投球でした。


全盛期に比べれば明らかにスピードは落ちていますが、
「駆け引き」による頭脳的なピッチングが持ち味の桑田らしい
ピッチングでした。


コントロールには絶対の自信を持っているので、緩急をおりまぜて
いかにストレートを早く見せるかというピッチングをしていけば
桑田はメジャーでも通用するんじゃないかと勝手に思っています。

ただ、日本人と違って、メジャーの選手はパワーがケタ違いですから、
その辺への対応が問題ですね。でもそのパワーに頼る野球を
逆手にとる方法もあると思うので、桑田にはぜひ頑張ってほしいです。

頑張れ桑田!!
posted by バード at 12:36| Comment(1) | TrackBack(6) | 独り言

2006年12月19日

黒ごまミルク

画像
どうもバードです。

今、秋葉原のヨドバシカメラに来ています。二階の角にある喫茶店にいるんですけど、黒ごまミルクなる飲み物を頼んでみました。

はたしてどんな味なのか・・・
posted by バード at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

野球の修行。

どうもバードです。
今朝のニュースで、巨人を自由契約になった桑田のパイレーツ入りの報道が流れていました。

その中で、桑田が「野球の修行に行く」というコメントをしていました。

野球の修行・・・

桑田らしい発言ですね。
ぜひとも頑張ってもらいたいものです。



最近、日本のプロ野球がおかしいですよね。

日本のプロ野球が「日本野球の最高峰」から、「メジャー移籍を実現するためのアピールの場」となってきている感じがする。

確かに年棒・待遇は破格だし、それは魅力なんだろうけど、なんだかなあ。
そんなにメジャーに行きたいなら、日本のプロ野球に行かないで高校、大学を卒業してすぐにメジャー挑戦をすればいいのになんて思ってしまいます。


メジャーの破格の年棒を受けてか、最近のプロ野球選手の契約更改も保留する選手が多くて、「自分の思っていた金額よりも開きがある・・・」なんてコメントに違和感を感じます。確かに、プロ野球選手にとっては大事な契約更改なんだけど、「そんなに活躍したか?」という選手がゴネているのを見ると、常に一発更改だった松井秀喜が妙になつかしい・・・。
posted by バード at 10:57| Comment(0) | TrackBack(3) | 独り言