2006年07月14日

FIFAランキングって意味あるの?

どうもバードです。
先日、サッカーのFIFAランキングが発表されて、日本は18位から49位へと落ちました。この急降下は、ランキングの新システムが採用されたためだそうです。

それまでランキング対象が前8年成績だったのに対して、新システムでは前4年の成績になんったんですね。なので、日本がコンフェデ杯で準優勝したり、日韓W杯でベスト16に入ったことなどは対象外ということで、急激なマイナスポイントとなったわけです。

しかし、このFIFAランキングというのは意味あるんですかね?
今回のW杯で日本はランキングでは格下の国にやられているわけで、しかも力の差は結構あったように思うんです。比較的選手寿命が短いサッカーで、しかも選手が頻繁に入れ替わる代表チームで、前8年もの成績でランキングをすることは妥当だとは思えないです。

この新システムのほうが、より実際の力に見合ったランキングになるということでしょうか。

あと、今後のW杯出場に壁となって立ちはだかりそうなのが、オーストラリア。
次回のW杯からアジア枠の国として参加するんですよね。
明らかにヨーロッパ系の移民が多いオーストラリアがアジア枠・・・。
これも不思議ですけど、次回のW杯予選からは、韓国、中東勢に加えてオーストラリアも相手にしないといけないとは・・・。

頑張れ日本代表。
posted by バード at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ

2006年07月03日

オシム監督の発言に妙に納得。

どうもバードです。
サッカーワールドカップも残すところ準決勝・決勝と最高潮に盛り上がるはずが・・・、日本ではすでに日本代表次期監督についての話題で持ちきりですね。

次期監督として名前の挙がっている、世界的な名将オシム監督ですが、彼の昨日のコメントでいろいろな事について妙に納得してしまいました。

「日本のサッカーは世界のトップレベルだというのは勘違い」
「”やろうとしているサッカー”と”できるサッカー”にギャップがある」

うろ覚えなので、確実ではないですけど、こんなコメントだったと思います。
このコメントを聞いて、日本サッカーに対するいろいろな違和感が自分の中でピッタリとおさまりました。要するに、日本は弱いんだということですよね。

日本が負けた後も、ワールドカップの他の試合を観ましたが、やはり強豪国は基本的に上手いですよね。戦術的にどうだとかではなくて、基本的なプレーが。

昔から思っていたんですけど、「ボールをトラップする」「ボールを思ったところへ蹴る」ということについての技術が違うんだなと改めて思いました。野球でいうところのキャッチボールとでもいうのでしょうか、ものすごく基本的なことです。


オシム監督のこのコメントを聞いて、この人なら日本をもう一度基本から叩きなおしてくれるのではないかと思いました。8月に親善試合がありますが、どんなメンバーが選ばれるか楽しみです。ジェフの選手が多くなるんですかね。
posted by バード at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ

2006年06月13日

やっぱりへこむ。

どうもバードです。
ドイツ・ワールドカップの日本代表の試合を心待ちにしていた自分としては、昨日の日本の敗戦はかなりショックでした。負け方がなんともいえない感じだったですよね。

中村俊輔のラッキーというかなんともいえない感じとはいえ、先制点を奪い、勢いに乗るのかなと思ったんですけど、かなり防戦でしたよね。日本が中盤で思うような形ができずにシュートまで持っていけなかった場面が多かったのは、オーストラリアにしっかりと封じられてしまったということだったんでしょうか。中田と中村には厳しい当たりが多かったですね。

いつも不思議に思うんですけど、三都主はすごい時はすごいですけど、ミスが多くないいですか。不用意に一人で突っ込んでいってボールを取られたり、なんかサーカスプレイというか難しい感じのトリッキーなプレーをしてボールを奪われたり・・・。

それと、やっぱり決定機を逃したのが大きいですよね。
オーストラリアの選手は決定機をきちんと得点にしましたもんね。
しかも後半40分すぎから・・・。
日本は高原や福西がフリーでのシュートを外したり、結果論になりますけど、きちんと決めていれば、早い段階で相手を諦めさせることができましたよね。

ディフェンスは頑張ったと思うんです。
高さを使われてのピンチってほとんどなかったし、宮本、中澤の頑張りはすごかったように思います。やっぱりオフェンスなんですかね。

川口のスーパーセーブ連発で今日は「勝ち試合だな」なんて思いながら見ていたんですけど・・・。負けてしまいましたね。残念。


残りの2試合、諦めないで頑張って欲しいです。
WBCの時のアメリカーメキシコ戦のように、思わぬところから糸口が見つかるかもしれないし・・・。がんばれニッポン!!
posted by バード at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ

2006年05月16日

W杯メンバーの中で貫禄を見せる中田英寿

どうもバードです。
昨日、来月ドイツで開催されるサッカーW杯の日本代表メンバー23名が発表されました。過去のカズ、中村俊輔のように、今回も注目された「サプライズ」ですが、FWの久保でしたね。

コンディションを重視しての「久保落選」ということでしたが、これは仕方ないですね。今回はジーコ監督の判断は間違っていないように思います。その分、選出された巻、柳沢には頑張ってもらいたいです。

昨日の夜、報道ステーションに中田英寿が生出演していました。
今までの中田のイメージとは違って、何か明るいものを感じましたが、それは自分だけでしょうか。古館伊知郎のヨイショのしかたが「何だかなあ」という感じでしたけど、中田のコメントには余裕というか貫禄を感じました。やはり、海外でプレーしている分、日本人プレイヤーには「もっとこうしたらいい」という部分を感じているんでしょうね。「楽しむ」というコメントを多用していましたが、全力・真剣プレーの向こう側にある「楽しさ」は、今回の日本代表23名のうち、はたして何人感じることができるんでしょうか。
posted by バード at 11:08| Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップ